ボランティア募集 外国語相談員

1993年急増した南米からの日系外国人のために、神奈川県と横浜市の支援を受け、ポルトガル語とスペイン語による電話相談を開局しました。2012年度は950件(ポルトガル語 615件、スペイン語 415件)受信しました。相談内容は、日常生活に関すること、情緒不安に関すること、健康に関わることなど、多岐にわたっています。ポルトガル語、スペイン語の堪能な方のご参加をお待ちしております。

問い合せ:TEL 045-333-6216    E-MAIL yindlal@ceres.ocn.ne.jp

受付時間:火・木 10:00~16:00

■ 外国語電話相談ボランティア募集要項はこちら

外国語相談員になって(10年目)

Cさんの場合

日本の文化、生活リズム、言葉などは私の国のものとは完全に異なります。だから私が日本に初めて来た頃は、周りの人が話すことも理解できずに寂しい思いもしましたし、不安の連続で大変苦労しました。残念ながら周囲に助けてくれる人もいませんでした。
それからしばらくして、”LAL”という団体がスペイン語を話す人への支援を提供していることを知りました。私がその研修に参加しようと思ったのは、私が感じた不安や寂しさを思い出し、今度は同じような思いをしている人を助けたいと思ったからです。LALで私は自分自身をより深く知ると同時に、「他者の話を聞く」ということを学びました。それは、出口の見えない問題を抱えたり、言葉の壁から話し相手を得られなかったり、理解されないことを恐れているような人たちに手を差し伸べ、寄り添うことなのです。